[ 書籍 ]

読む本読む本すべて当たり

ここ最近読んだ本はすべて素晴らしい。これだけ当たりが続くことも珍しい。

まずは、直木賞作品・「容疑者xの献身」。東野圭吾。
コロンボ風の本格ミステリで、天才数学者と物理学者の対決が見物。「人間がかかれていない」という批判する人がいるらしいが、それがどうしたのいうのだ。文句なしの傑作。

アヒルと鴨のコインロッカー」。伊坂幸太郎。
最近絶賛ハマリ中の伊坂作品。これで、グラスホッパー以外は全部制覇したかな?
村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」風に「現在」と「二年前」という2つの物語が交差する。
「現在」の主人公のキャラクタがいまいちで、序盤はなかなか入り込めなかったが、物語の完結は美しい。

そのほか、横山秀夫「震度0」、リリー・フランキー「東京タワー」など読了。各所で大絶賛されている東京タワーは、想像以上によかった。大人は読むべし。泣ける。

投稿者: 湯一路 日時: 2006年1月31日 01:42

検索


このブログのフィードを取得

[フィードとは]

プロフィール

湯一路。ADVENBBS管理人。PCやネットの便利な情報を提供しようと思いつつ、夕食写真ブログに成り下がっている現状です。

ブログペット