[ 日記・コラム・つぶやき ]

WBC 日本vsアメリカ

WBC二次リーグ・日本vsアメリカ。
誤審の話題で持ちきりだけど、素晴らしい試合だった。観てよかった。誤審以外もクローズアップしてほしいなー。


以下、ダラダラと長文。

イチローの先頭バッターホームランではじまったこの試合。
その裏には、ノーアウト1塁・2塁というピンチが早くも訪れ、眠気がふっとぶ。見てられない。
しかし、ここはケングリフィーを三振、Aロッドをダブルプレーと上原が踏ん張る。

そして、2回。1死二、三塁で、tanisigeが三振したときは日本に帰れと思ったけど、続く川崎ムネリンが2点タイムリー。素晴らしすぎる。神。
そして、ここからアメリカの攻撃は毎回のように恐怖の連続。
C・ジョーンズがホームラン。一瞬平凡な外野フライと思ったもんな~。恐ろしい。
3回もやばかった。全部で3安打。しかし、ここはアメリカの拙攻に助けられる。
上原は結局5回1失点。調子は良さそうじゃなかったけど、さすが。さっさとメジャー行かないかな。
守備に関しても、エラーこそ合ったけど、岩村・小笠原・川崎とファインプレーの連続。金を払っても見る価値がある守備。素晴らしい。

6回裏。この回もポイント。手を口に当てる清水が2回に渡って審判から警告。これでかなり舞い上がってしまった気がする。
結果は、リーにツーラン。これがホントに痛かった。

3回以降はアメリカの誇るクローザーの連続で、湿っていた日本打線。西岡のヒットをきっかけに再びチャンスが訪れる。多村のバントが失敗したものの、西岡が二盗。(このときのシュナイダーの肩もすごかった! が、完全にモーションを盗んでいた西岡に軍配)
死球、四球と続き1死満塁。ここで問題の場面。
リプレイで見る限りは明らかに誤審。ほんとなら、4-3でさらに2死1塁2塁だったんだよなー。ほんと、これは痛い。小笠原が続いていれば勝利濃厚だったし。
特筆は、8回裏の薮田の投球。2奪三振を含む圧巻の三者凡退。鳥肌たったね。

9回には再びチャンス。2死三塁でイチロー。
ここでなんとアメリカは敬遠! アメリカの応援席からもブーイングがあがっていたけど、アメリカが本気で勝ちに来てることがわかり、これも鳥肌もの。
結果は我らが多村が満塁で三振し、無得点。ここは打ってほしかった……。

9回裏は、藤川の制球が定まらず、押し出しじゃなくてよかった~ってのが素直な感想。
結果は残念だったけど、球史に残る素晴らしい試合だったと思う。もう一度、準決勝でアメリカ戦が見たい!

#ちなみにアドプロのひとたちは試合があったことさえ知りませんでした。サッカーW杯も何月にあるか知らないはずだ!

投稿者: 湯一路 日時: 2006年3月14日 04:50

検索


このブログのフィードを取得

[フィードとは]

プロフィール

湯一路。ADVENBBS管理人。PCやネットの便利な情報を提供しようと思いつつ、夕食写真ブログに成り下がっている現状です。

ブログペット